2021年4月24日(土)(大菩薩周辺)大菩薩嶺-牛奥ノ雁ヶ腹摺山(A2)

甲斐大和駅に集合し、駅前から栄和交通の上日川峠行きバスに乗車する。上日川峠に向かう登山者が多く、バスは増発された。増発されたバスに乗り、上日川峠へ到着。(運賃1,020円)ここから福ちゃん荘までは緩やかな登山道を進み、さらに雷岩と登山道を登る。途中で鹿の親子に出会ったり、富士山が顔を出したり、見所満載。雷岩でザックを置き、大菩薩嶺まで往復する。山頂は写真撮影が順番待ちになるほどの人気スポットだが、展望はない。緩やかな大菩薩の稜線で富士山を眺め、ゆったりと歩く。大菩薩峠で昼食を取る。富士山を見ながらの昼食は気持ちいい。大菩薩峠の介山荘からはちょっと倒木により、一部わかりにくい箇所もあるが、順調に歩みを進める。大菩薩嶺付近から比べると、登山者も少なくなり、落ち着いた山歩きが楽しめる。倶楽部50周年記念行事で登り、一本の木がスクッと立っていた「狼平」では42年ぶりに一本の木と再会した。ゆったりした大菩薩連嶺らしい登山道を小金沢山経由して、牛奥ノ雁ヶ腹摺山に到着する。山頂から富士山を眺め、バス停へ(登山道)の道標に導かれ、枯れた林を通過し、植林された苗木を守る網沿いの登山道をすずらん昆虫館へ下山した。ここから、栄和交通の最終バスに乗り(運賃760円)、甲斐大和駅に向かう。希望者は途中下車して「やまと天目山温泉」に入浴して、汗を流した。
今回リーダーが立ち寄り温泉に下山口から電話をかけ、営業状況を聞いてくれました。新型コロナウイルスの影響下で休業の場合もあり、重要なことと感じました。栄和交通のバスはSUICAが使えません。現金払いなので、小銭を用意しておくといいようです。(記 A)

<コースタイム>甲斐大和駅(/8:10)=上日川峠(9:02/9:10)-福ちゃん荘(9:35)-雷岩(10:30)-大菩薩嶺(10:35/10:40)-雷岩(10:45)-大菩薩峠(11:25/12:00)-天狗棚山(12:40)-小金沢山(13:50)-牛奥ノ雁ヶ腹山(14:25/14:35)-すずらん昆虫館(15:45/16:00)=甲斐大和駅(16:30/)

<参加者>4名

タイトルとURLをコピーしました